保育理念

  さくらの花のように明るく
  雲より高くのびのびと
  ・・・らしさを大切に

保育方針

(1)人との関わりを大切にした保育(社会性を育む)

最近の研究では、子どもは生まれながらに様々な能力を持っていること、乳児期から子ども同士の関わりを経験することで様々な非認知能力が育つことが明らかになっています。しかし、少子化の日本では、家庭でそれを経験することが難しくなり、保育園の果たす役割がとても大きくなっています。今、保育園には、家庭や地域の中で育つことが少なくなってきた「人と関わる力」を、集団保育のなかでつけていく役割が望まれているのです。

(2)子どもの主体性を育てる保育(自立・自律を育む)

 
少子化の現在、家庭でも保育の現場でも、子ども一人ひとりに目が届き、手をかけられるようになってきています。一見いいことのようにも思えますが、やってあげる保育が行き届くので、子どもの主体性や意欲が育ちにくくなっています。主体的な活動をする子どもとは、「やらされる」「受身」「指示待ち」の子どもの対極にあり、自ら課題を見つけ、自ら考え行動する子のことです。そのためには、自らに働きかけることをしなければなりません。保育者は「教える・面倒を見る」立場ではなく、「子どもの興味や意欲を引き出す」立場での関わりが必要となります。
 

(3)一人ひとりの特性に応じた保育(個性を育む)

 
男女、障がい、年齢による刷り込みを持たず、個々の発達や成長をしっかり見つめ、それを丁寧に保障していくこと、子ども一人ひとりの興味や関心、課題などを把握して、保育をすることを大切にします。
 

保育目標

①自ら課題を見つけ、自ら考え行動できる子ども(主体的に行動する子ども)
②やりたいことをやれる子ども(意欲的な子ども)
③自分を好きになれる子ども(自尊感情を持てる子ども)
④人の役に立てることに喜びを感じる子ども(思いやりのある子ども)

入園、一時保育、その他に関するお問い合わせは、こちらの電話にて受け付けています。お気軽にお問い合わせください。